ブレスパイプの使い方

設置は簡単です。ブレスパイプの長さにあわせて縦穴を掘り埋めるだけ。土に直接設置してもよし、またはボラ土をパイプの周りに埋めてから設置しても良いです。アスファルトなど堅い舗装材の中にも設置可能です。その場合は、表層の近くで管を二重構造にして、ステンレスの目皿を設置すればOKです。さらに、酸素供給剤の入ったブレスパイプを使用すれば、根に酸素を与えることができより土壌環境の改善が促されます。

以下の動画では実際に地中に埋めているシーンが登場します。